Kondo Ortho Dental Clinic

唇側矯正

唇側矯正(表側に装置を付ける)

通常、表側から矯正装置を装着する場合、金属の矯正装置が付きますが、当医院では極力目立たないクリアーな装置を前歯に使用しています。

金属、クリアーとどちらの装置も矯正治療を行う際に、適切な力をかけられるように設計されていますので、歯の動き、治療期間に違いはありません。また、金 属ワイヤーに変わる透明のワイヤーも使用できます。

金属の装置(メタルブラケット)

金属の装置(メタルブラケット)

金属(メタル)の矯正装置は構造が頑丈であり壊れにくく、ワイヤーとの摩擦抵抗が少ないため、スムーズに歯を動かせます。

しかし、見た目がギラギラしており、ブラッシングには汚れが見えるため便利ですが、装置を装着している事が見た目上、目立って しまいます。

クリアーな装置

クリアーな装置

セラミックブラケットは、透明感のある乳白色で少しつやがあり歯本来の質感を再現した色になっています。

ワイヤーの通る溝にシルバーのレールが入っているので、ワイヤーのすべりが良くなっています。

透明な装置(Q.C.M)

透明な装置(Q.C.M)

ワイヤーからチューブまで全て透明なので、見た目が自然な感じですが、装置に付着する汚れが分かりにくい ためブラッシングがメタルの装置よりも少々難しくなります。また、プラスティックのものは少々壊れ易く、やや変色する時があります。

ホワイトワイヤー

ホワイトワイヤー

ブラケットにホワイトをコーディングしたワイヤーを
装着します。

ホワイトなので、遠目にもほとんど目立ちません。治療の段階では、シルバーや黒のワイヤーが入る事もあります。

治療例

※クリックすると、治療の経過をご確認いただけます。